×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of smc PENTAX-DA 14mmF2.8ED[IF]

 *istDシリーズ専用超広角短焦点レンズとして2004年に発売された。 本レンズの特許は日本公開特許公報2005-316014(発明者:平川 純氏)の実施例4であると推定される。 広角レンズはテレセントリックな設計にしてなおかつ従来のマウントを踏襲しなくては行けないので、バック フォーカスは長いままである。


Fig.1 レンズ構成図(上から無限遠時、最下段が最短撮影距離)

Fig.2 スポットダイヤグラム(開放F値)(上から無限遠時、最下段が最短撮影距離)

Fig.3 コマ収差

Fig.4 非点収差と像面湾曲図

Fig.5 像面歪曲収差図(左:無限遠時、右:最短撮影距離)

Fig.6 MTF図(上から5本/mm,10本/mm,20本/mm)

Fig.7 使用ガラスマップ図(あくまで推定ですべてオハラガラスとしました)