×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of SMC PENTAX FA 35mmF2.0AL

 ペンタックスファン待望の35mm広角単焦点レンズとして、満を持して登場したAFレンズ である。フードも質感は劣るが、パーフェクトフードとPLフィルター穴を持つなど、FA レンズでありながら、その描写に配慮した作りを有している。それに加えて、コーティングは 最新のSMCであるゴーストレスコーティングが施されている。
 設計は、泉水和泉氏の特開2000-235145 実施例5であると推定される。5群6枚構成の最小構成 枚数の35mmレンズとして、業界で注目されたレンズである。最後群の6枚目の絞り側が非球面 である。この特許からOpTalixLTで計算した結果を示しておく。

Fig.1 レンズ構成図(赤線は非球面を表す)

Fig.2 スポットダイヤグラム(開放F値)

Fig.3 球面収差

Fig.4 非点収差と像面湾曲図

Fig.5 像面歪曲収差図(樽型)