×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of Takumar 1:4.0/17mm Fisheye


 Takumar 1:4.0/17mm Fisheyeは、旭光学が最初に開発した対角魚眼レンズの2代目のレンズとして 1967年に登場したものである。
 本レンズの特許は恐らくUS 3515462(1966) Example 1がその特許だと推定される。設計は旭光学 タクマー時代のレンズ設計者でお馴染みの風巻氏とSMCタクマー時代から長年レンズを 設計してきた旭の名レンズ設計者である故高橋泰夫氏である。
 本レンズは息が長く、Takumarレンズ・SMC Takumarレンズ・SMC PENTAXレンズとKマウント第1 世代のレンズラインナップまで使われた光学系である。

Fig.1 レンズ構成図

Fig.2 スポットダイヤグラム



Fig.3 コマ収差



Fig.4 非点収差と像面湾曲収差



Fig.5 像面歪曲収差