×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of Super(Super-Multi-Coated) TAKUMAR 1:3.5/28

 Super(Super-Multi-Coated) TAKUMAR 1:3.5/28はSuper TAKUMARシリーズの2代目28mm広角レンズで、 前作が58mmフィルター径のものであったのが、49sになった新設計レンズのものである。
 このレンズの特許は恐らく風巻氏のドイツ特許のDE-PAT1572554と推定される。
 OpTalixLTにより、28mm変換した計算結果を次に示します。
ガラスはBAFN10/BSM16/LAKN7/LAM58/SF15/BSM16/BSM16が使われている。張り合わせ面がなく中古でも バル切れがなく優れたレンズである。当時のレンズとしては優秀なレンズであり、開放で残存球面収差と 倍率の色収差のために、周辺像はやや甘いが、非点較差が画面2/3までSag.方向とTan.方向の差が小さく 平坦であり、立体感のある描写が可能なレンズだろう。
Fig.1 レンズ構成図

Fig.2 スポットダイヤグラム(開放F値)

Fig.3 コマ収差

Fig.4 非点収差と像面湾曲図

Fig.5 像面歪曲収差図