×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of Super TAKUMAR 50mmF1.4(II)

Super TAKUMAR 50mmF1.4(II)は、50mmF1.4SLR用標準レンズの6群7枚構成の 変形ガウスタイプ標準レンズで、世界最初特許のレンズである。この事実は 意外と知られていない。このレンズ以降、各社このレンズの改良を重ね今日 に到っている。ちなみに、それ以前の旭光学の50mmF1.4レンズは7群8枚構 成であった。レンズ構成は、絞りを挟んて、物点側3群3枚,焦点側3群4 枚の変形ガウスタイプ構成である。この標準レンズの特許は、1966年に 出されたUS3451745(1969)である。設計は風巻氏・高橋氏による。このデ ータを使って、OpTalixLTで計算した結果を示します。

Fig.1 レンズ構成図

Fig.2 スポットダイヤグラム

Fig.3 球面収差

Fig.4 非点収差と像面湾曲図

Fig.5 像面歪曲収差図