×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


The Lens Design of Cosina Voigtleander Ultra Wide Heliar 15mmF4.5Aspherical


 Cosina Voigtleander Ultra Wide Heliar 15mmF4.5Asphericalは、コシナの蓬田祥寿氏による特開平11-326756(1999)の実施例3 が、このレンズ設計値と推定される。
 このレンズはなんと言っても110°というド迫力の超広角レンズでありながら、レンジファインダー用レンズのメリットである フランジバックを気にすることがないことから、非常にコンパクトな15mm超広角レンズに仕上がっている点が大きな特徴である。

Fig.1 レンズ構成図


Fig.2 スポットダイヤグラム(開放F値)



Fig.3 球面収差



Fig.4a 非点収差と像面湾曲収差



Fig.5 像面歪曲収差